« ちょっとかじる | トップページ | 京都の景色 »

ざぜんそう

Photo_5 三富のざぜんそう。駐車場から少し坂道を登り林の中の湿地帯に木道があり、両側に沢山の花が静かに、見事に咲誇っています。

Photo_6 ざぜんそうは、さといも科の多年草で僧侶が座禅をしているようにみえその名が付き不快な臭がする。

Photo_8 こんな変わった色の花もありました。地元の人に聞いて見ると花の種類だそうです。

|

« ちょっとかじる | トップページ | 京都の景色 »

コメント

花の見頃にタイミングよく行かれましたね。その群落を登りあげた山が米倉山です。もうすこしするとザゼンソウはみずみずしい水芭蕉のような葉っぱに変わり、登山道のわきにカタクリの花やニリンソウが咲いていて、ハイキングするのに良い山です。

投稿: うめちゃん | 2008年3月23日 (日) 11時33分

今日は
ざでんそう・・・写真良く撮れていますね三富に行けば解りますか場所?

投稿: ばーばさん | 2008年3月26日 (水) 10時22分

綺麗なザゼンソウ見せて貰いました。私も4~5年前に見にいきました。丁度花が開き始めでよかったですね!4月になるとザゼンソウの奥の方にカタクリの可憐な花が咲きますよ。それもまたいいですよ!!

投稿: ななちゃん | 2008年3月29日 (土) 13時19分

ばーばさん
ザゼンソウの咲く三富の行き方ですが、私も連れていってもらったので良く分かりませんが塩山の駅の前を通った様なきがします、インターネットで調べるか、駅の近くまで行って聞いてみてください。

投稿: すみれ | 2008年3月29日 (土) 22時59分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ざぜんそう:

« ちょっとかじる | トップページ | 京都の景色 »