« 台風の後 | トップページ | 蕎麦打ち体験 »

お茶壺

Photo_4 10月27日お茶壺道中が行われました。江戸時代奈良から江戸に運ばれるお茶を涼しい谷村のお城やまに、保管して江戸に運んだその時の様子を再現しているそうです。ずいずいずっころばしごまみそずい、この歌はその時のうたです。下におれ、下におれと、羽織袴の先頭の人の掛け声で、進みます。

Photo_5 この日の為に取れたお茶を奈良で受け渡し式が6月に行われました。

Photo_6 奈良から運んで来たお茶壺をお籠に乗せて・・・運ぶ時前足を高く揚げて進みます。

|

« 台風の後 | トップページ | 蕎麦打ち体験 »

コメント

お茶壷道中の写真とてもよく撮れていますね。同じときに写した写真私はまだカメラに入ったまま,随分早く投稿されましたね。此れでは出る幕無し?

投稿: ひつじ | 2007年10月30日 (火) 14時14分

お茶壺道中の写真よく撮れてますね。6月の大茶盛の体験からお茶壺道中まで流れがよく分かります。城下町の伝統、大切に伝えて行きたいですね。

投稿: hirohiro | 2007年11月 2日 (金) 21時36分

こんにちわ、我輩は近所の先生である。ブログの方もなかなか良く出来ているのである。もうぼちぼち年賀状の季節、今年もあとわずかですね。お互いにがんばりましょうね。

投稿: 将軍 | 2007年11月 8日 (木) 11時45分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: お茶壺:

« 台風の後 | トップページ | 蕎麦打ち体験 »